シーズテック
株式会社シーズテック

ダイオキシン分析用自動前処理装置 <SPD-600>
spd600

SPD-600は、排ガス・飛灰・燃え殻など環境試料中のダイオキシン類の自動前処理装置です。

ヘキサン転溶された粗抽出液から、DMSO(ジメチルスルホキシド)転溶された試料を調製します。

調製された試料は、生物検定法による簡易測定に適しており、ダイオキシンバイオセンサDXS-600だけでなく、
Ahレセプターバインディングアッセイ法やELISA法など多様な測定手法にも適用することができます。


point1

JIS準拠。全ての動作が自動化し、人為的誤差の心配なし。

point2

セット後は全て自動処理。安全カバーにより、万一の事故時でも試料の飛散防止。

point3

迅速性に優れ最大3検体試料を約150分で同時処理。

point4

主な消耗品は、溶媒(ヘキサン、DMSO)・カラム・窒素ガスのみ。


高い精製効率

独自の加熱多層カラム方式により、高い精製効率を実現。


ダイオキシン分析用自動前処理装置の主な仕様

処理試料 ヘキサンに転溶された粗抽出液 約5mlまで
最終試料 DMSO転溶液 約1ml(生物検定法用)
処理時間 約150分(3検体同時処理時)
回収対象ダイオキシン TEF(毒性等価係数)値を有するPCDD、PCDF(17種類)
及びノンオルソコプラナーPCB
各異性体の回収率 平均85%(2,3,7,8位塩素置換PCCD,PCDF)
平均81%(non-ortho Co-PCB)※1
主な消耗品 ヘキサン DMSO 窒素ガス 専用カラム
※1 標準試料処理時の当社実績
※本装置は愛媛大学-三浦工業株式会社との共同研究により開発されました。
※外観・仕様等については改良のため、予告なく変更することがあります。

HOME | 会社概要 | 沿革 | 業務内容 | 製品情報 | アクセス | お問い合わせ